Webライティング

Webライティング初心者が記事を書く具体的な5つのコツ|Webライティングを極める

必死に文字を書く女性

Webライティング初心者が記事を書く具体的な5つのコツ

 

悩みの耐えない女の子
悩みの耐えない女の子
Webライターで食べていきたいけど、どうすれば書けるの?

3000文字とか多すぎて書けない。コツを教えてほしい。

 

といった人に向けて記事を書いていきます。

キーワードから記事を読む人物像を決める

文章を書く時に大切なポイントがあります。

誰に向けて書くのかイメージする

たくさんの人に向けて書かない

対象の読者を1人決めて設定する

すると、内容の濃い記事が書けます。

 

対象の読者は、そんなに詳しく設定しなくてもいいですが、最低でも

年齢

性別

悩み

性格

この4点を予想して決定しましょう。

 

書きながらの方がイメージしやすいと思います。

「肩こり 予防」で執筆を依頼された場合の読者想定メモ。

年齢:30代

性別:女性

悩み:長年の肩こりに悩んでいる。

性格:面倒くさがり・お金かけたくない・楽に悩みを解決したい

特に「性格」の部分は少し細かく設定しましょう。

 

この部分を掘り下げることで

安くて経済的にもうれしい!

3分でできる!楽なのに効果的!

家で簡単にできて面倒な作業はなし!

具体的に訴えかけることができます。

 

完璧に性格を分析するのは難しいので、

ざっくりと決めつけて問題ないと思います。

性格を詳しくイメージする

どんな性格か決めつけて書く

なるべく具体的に想像する

 

キーワードからライティング内容を決める

そのキーワードに沿った話題を分かりやすく伝えないといけません。

どうすればいい感じに書けるかをご紹介します。

「肩こり 予防」で記事を書いてほしいと依頼があった場合

キーワードを渡されても、何を書いて良いのか予想し辛いですよね?

 

まずは、そのキーワードから考えられるニーズ(人気)を調べましょう。

簡単なやり方をご紹介します。

 

Googleでキーワードを渡されたキーワードを入力。

すると後ろに「サブキーワード」という「皆に調べられているキーワード」が出てきます。上から5つまでを「見出し」として抜き出しましょう。

これがサブキーワード。皆に調べられているので需要があります。

上から5つを「見出し」にします。

Googleのサブキーワード

 

次に、それを「伝わる見出し」に整えていきます。

肩こり予防ストレッチご紹介

肩こり予防の食材をご紹介

肩こり予防の運動をご紹介

肩こり予防のグッズを紹介

肩こり予防の筋トレをご紹介

 

内容は分かるのですが、表現が重複して読みづらい。

記事を見るメリットも分かりにくいですね。

 

更には堅苦しい雰囲気を感じて読む気が失せます。

さきほど想定した人物像を思い出しながら、具体的に表現し直したほうが良いです。

簡単ストレッチで肩こり予防!5分で出来る方法をご紹介

食べ物でも肩こりを予防できる!安くて効果的な食材とは

運動は肩こり予防の基本!簡単にできて効率的な運動を試そう

肩こり予防で重要なのは日頃のケア!オススメの健康グッズ一覧

筋トレで肩こりを解消!今日から出来るトレーニング法で痛みを予防しよう

見出しっぽくなったと思います。

 

読む人にとってメリットが分かりやすいように書いて下さい。

イメージした人物の性格に対して訴えるのがいいと思います。

 

まとめると、良い見出しの条件はこの3点。

ひと目で記事の内容が分かる

表現が重複していない

記事を読むメリットが分かりやすい

 

見出しごとに情報を取材する

さきほど設定した見出しをもとにGoogleで詳しい情報を探します。

 

簡単ストレッチで肩こり予防!5分で出来る方法をご紹介

この見出しについて詳しく見ていきましょう。

 

まずはこの見出しに関係が深そうなキーワードを予想して調べていきます。

「関連しそうなキーワード + 動作」で問題ないです。

「肩こり 予防 ストレッチ」

「血行促進 ストレッチ」

この2つで調べます。

 

上位5つくらいのサイトをクリックして関連する事をどんどんメモします。

多く書き出してから削る。このほうが効率がいいです。

見出しごとに関連しそうなキーワードで調べる

情報を集める時はとりあえずメモする

多く取材して後から捨てる

 

本文をライティングする前に見出しの構成を考える

Webライティングの命と言っても過言ではないです。

ここを間違えると、「結局なにが言いたいの?」といった記事が出来ます。

そうならないためのメソッドをまとめます。

本文を書き始める前に構成を練る重要性

いきなり本文を書き始めるというのは、例えるなら

目的地までの行き方を決めずに外出するようなもの。

 

「あっちに行ってみよう!」

「こっちが楽しそう!」

 

で、結局どこに行きたいの?

間違いなく迷子になります。

 

構成を練る作業は、つまり「目的地を明確にすること」です。

 

Google Mapで目的地を下調べしてから出発すれば、

迷子になる確率はグンとさがります。

 

更にGoogle Mapが便利なのは、現在地を調べながら

目的地への道のりを修正できる点です。

 

それと同じく、構成がしっかりしていれば結論への道のり(本文)

が多少迷子になっても、修正ができる。これが大きなメリットです。

見出しはスタートからゴールまでの道筋

本文より先に見出しの構成をつくる

見出しが出来ていれば途中で修正しやすい

 

素材をグループごとに集めて小見出しにする

素材をそれぞれの見出しごとに書き出していると

 

「この素材たちは1つのテーマでまとめられそうだな」と感じる

集まりが発生します。

そのテーマを要約した文言でまとめれば「見出し(h2)」となります。
この記事で例を出すと

 

本文から書き出してはだめ。

調べながら書いたら効率が落ちる。

途中で手を止めると話しに矛盾が生じる

自分で何を書いていたのか忘れてしまう

集中力が切れてしまう

 

下書きの時に書いたものですが、箇条書きで

いろいろ書いてます。

 

これらは「先に見出しの構成を練る重要性」の

集まりだと推測できますね。

 

そこで、、、

 

「先に見出しの構成を練る重要性」

・本文から書き出してはだめ。

・調べながら書いたら効率が落ちる。

・途中で手を止めると話しに矛盾が生じる

・自分で何を書いていたのか忘れてしまう

・集中力が切れてしまう

 

このように、一番上に情報群の要約を書いてグループとします。

この要約が「見出し」のさらに中にある「小見出し」となります。

 

情報をある程度メモしたら、まとめることが重要です。

メモ(取材)は、ネットからの情報だけではありません。

 

自分の考え、本から得た情報。いろいろあります。

まずはとりあえず、思いつくことを書きなぐる。

 

整理整頓はあとから行いましょう。

見出しに違和感がないか見直す

最後の仕上げとして見出しを見直します。見るポイントは

 

・記事のテーマにそっているか

・今の順番で伝わりやすいか

・ひと目で内容が予想できるか

 

この3つです。

さきほど作った見出しを例にします。

 

・食べ物でも肩こりを予防できる!安くて効果的な食材とは

・肩こり予防で重要なのは日頃のケア!オススメの健康グッズ一覧

・簡単ストレッチで肩こり予防!5分で出来る方法をご紹介

・運動は肩こり予防の基本!今すぐ出来て効率的な運動を試そう

・筋トレで肩こりを解消!今日から出来るトレーニング法で痛みを予防しよう

 

これでも問題ないようにみえますが、流れ的にはどうでしょうか。

いきなり食材を紹介して、次にグッズ、ストレッチ・・・

 

あまり自然とはいえません。

もういちど見直してみます。

 

・簡単ストレッチで肩こり予防!5分で出来る方法をご紹介

・運動は肩こり予防の基本!今すぐ出来て効率的な運動を試そう

・筋トレで肩こりを解消!今日から出来るトレーニング法で痛みを予防しよう

・食べ物でも肩こりを予防できる!安くて効果的な食材とは

・肩こり予防で重要なのは日頃のケア!オススメの健康グッズ一覧

 

いい感じですね、流れが自然になりました。

具体的にどう良くなったか見ていきましょう。

 

まずはストレッチで肩こりをほぐしてもらう。

運動で体を温め、筋力トレーニングで体を鍛え健康的な体を作る。

疲れた体に食事で栄養補給、肩こりも予防できて一石二鳥。

最後におすすめグッズで日頃のケアに役立てましょう、と締める。

 

このほうが自然で読みやすく感じませんか。本文を書きながら

修正したり入れ替えたりするのではなく「本文を書く前に徹底して」

 

見出しの違和感を無くしましょう。

ライティングのコツは思うままに書く事

構成を練ったら、最後は思いっきり書きます。

もう思う存分、暴れて下さい。

 

大丈夫、あなたは優秀な地図を持っています。

ちょっとそれても修正は簡単にできます。

 

とはいえ、少しは意識したいことをまとめたので、

一緒にみていきましょう。

目の前の人と話しているイメージを描く

これはとても重要で

「最初に想定した人物像を頭に描いて、その人に語りかけているように書く」

このことを意識し続けるのが、分かりやすい記事を書く秘訣です。

 

ちゃんと頭に悩んでる人をイメージ出来てると

え?今の説明じゃ分からなかったから、もう一度おねがい

と語りかけてきます。(マジです)

 

もう一回お願いされた箇所は、掘り下げて説明しましょう。

その際「ここ、分かりにくいですよね?

と言った言葉を前置きすることで

 

「すげぇ!私のこと分かってくれてる!」

 

と共感を得られるでしょう。

 

人と話すように書くというのは

こういうことです。

 

本文を書くときには意識してくださいね。

本文ボリュームについての注意点

記事を書く時は依頼された文字数+1000文字くらいは書きましょう。

あとでいっぱい削るからです。

 

「重複した表現」「くどい言い回し」などを削ると、そのくらい減ります。

思うままに書くと、重複が多くなりがちなのは仕方ありません。

気にしないようにしましょう。

 

ライティングのメリットは

「実際に目の前で話している訳ではない」ということ。

あとから分かりやすく修正できるなんて最高ですね。

 

なので、気にせずにバンバンかいてドンドン文字数オーバーしましょう。

ライティングしたら時間をあけて文章を見直す

書き終わったら、いったん記事を寝かせましょう。

パンと一緒です。美味しくするには生地(記事)を寝かせることが大事。

※スベってない…ですよね?

 

「記事を寝かせるのに何の意味があるんだ!パンじゃないんだぞ!」

という声が聞こえてきそうですが、落ち着いて続きをご覧下さい。

文章を書き終わった直後は冷静さに欠ける

書き終わった瞬間は「これは最高の文章。分かりやすい」と

勘違いしています。周りが見えてないんです。

 

飲みの席で酔っ払った人と同じような状況。

 

何回おなじ話してるんですか?

同じような言い回し使いすぎですよ。

 

こういうことですね。

 

つまり、記事を寝かせる目的は「あなたの酔いを覚ます」

ことにあります。しっかりと睡眠をとりましょう。

まとめ

今回は「初心者の人が分かりやすい文字を書くには」どうすれば

いいかをまとめました。

 

私も初心者なので、偉そうなことはいえません。これは

「初めてライティングに挑戦する自分」に向けて書きました。

 

同じ悩みをもつ人に役立ててもらえれば嬉しいです。

この記事で覚えていただきたいことは

 

「見出しから書く。本文はあとからついてくる」

 

という意識をもつという事です。そうすればあなたの文章力は

桁違いにあがります。

 

上達するには、実践あるのみです。ここでご紹介したことを意識して、

実際に案件をこなしてみましょう。

 

オススメのサービスを以下にご紹介します。

 

「サグーワークス」
ライティング案件のみに特化したサービス。

独自のテストがあり、合格するとプラチナライターに昇格。

高単価が狙えます。

⇛【サグーワークスへ

 

「Crowdworks」

ライティングの案件が多いので仕事に困りません。

最初は単価が安いですが、交渉次第で高単価を狙えます。

まずはテストライティングから試してみてはいかがでしょうか。
⇛【Crowdworksへ

 

「ランサーズ」

Crowdworksと同じでオススメ。単価的にはあまり変わりません。
⇛【ランサーズへ